• English
  • 简体中文 Chinese (Simplified)
  • 繁体中文 Chinese (Traditional)
  • 日本語 Japanese
  • 한국어 Korean
ワイヤレスデバイステストの最新ソリューション
 

東京(2013 年 10 月 22 日)– LitePoint® は本日、製造環境でのワイヤレス デバイス テストに関する画期的な 新製品LitePoint® IQxel-MTM を発表しました。「スマートフォンやタブレットが、かつてないほど複雑化し、製品ライフサイクルも短くなっている現在 の状況は、ワイヤレス デバイス製造業において何らかの変化が必要であることを意味しています。」と、LitePoint のマーケティン グ部門責任者 Curtis Schmidek 氏は語ります。「本日は、その変化についてご紹介したいと思います。IQxel-M は、デバイス 1 台当 たりのテストを従来の 2 倍の速度で実行できるだけでなく、その驚異的な速度で 4 台ものデバイスを同時にテストできる能力も 備えています。これにより、製造業においてかつてないほどのテスト効率が実現するため、LitePoint のお客様は、製品が市場でリ リースされる際に必要となる何千万台もの在庫をすばやく用意し、顧客の需要に応えることが可能となります。
 

「スマート」なデバイス – スマートフォンやタブレットは、世界で最も複雑なデバイスの一種で、現在では、他の技術製品に比べ て類を見ないほどの大量生産が行われています。今年の PC の生産台数が 3 億 500 万台であるのに対し、スマートフォンやタブ レットの予想生産台数は 12 億台にも上ります。しかし、このようなスマート デバイスに採用されるテクノロジーは PC よりもかな り複雑な上、非常に複雑で多様性に富んだネットワークでの運用も必要とされます。
 

Schmidek 氏は、IQxel-M におけるこの新たなレベルの速度と効率は、新しい複数の特許技術によって実現していると話します。 「高速、大きな生産量、低いテストコストは、LitePoint の複数の特許技術や手法によってもたらされます。これには、最高のテス ト効率を実現するためにワイヤレス規格に合わせて最適化されているPacket Engine® などが含まれます。製品が市場でリリー スされる際は、迅速に在庫を用意して消費者の需要に応える必要があるため、製造業においては、高い生産性が非常に重要な 意味を持ちます
 

ライトポイント・ジャパン株式会社の代表取締役である佐藤隆氏は、「スマートフォンやタブレットの需要の鈍化を懸念する理由 は見当たりません。製造業には、最高レベルの品質を維持しながらも、より速くより大量に生産し続けねばならないというプレッ シャーが、今後も与え続けられることになります。」と言います。「品質が犠牲になるならば、速度や生産量の大きさには何の意味 もありません。品質は、テストによってのみ確実に保証されますが、より多くの新技術が導入され、デバイスの複雑さが増すに従 い、企業においては、製品のテスト手法を検証する必要が生じてきます。企業は、運営コストに悪影響を与えるテスト装置をさら に導入するか、あるいはこの需要に応える革新的な新製品 IQxel-M を導入するかの選択を迫られているのです
 

IQxel-M では、Wi-Fi(広く普及している 802.11 規格のすべて)、複数のナビゲーション規格 (GPS、GLONASS、Compass、Galileo、 QZSS)、Bluetooth、Bluetooth LE、および 8×8 True MIMO 対応規格を含むその他の規格など、あらゆるコネクティビティ規格のテ ストを 1 台のテスターでカバーします。
 

Schmidek 氏は最後に「この革新的技術のすべてが、非常にコンパクトな 2U サイズに収められていることも重要なポイントです。 小型であるため、工場の貴重な床面積を有効活用でき、経費や運用コストの削減にもつながります。」と述べています。
 

LitePoint について Teradyne, Inc. (NYSE:TER) の 100% 子会社である LitePoint は、米国カリフォルニア州サニーベール市を拠点としています。 LitePoint では、ワイヤレス デバイスや家電製品の開発者、委託製造業者、ワイヤレス集積回路設計者を対象に、高度なワイヤレ ス テストソリューションの設計、開発、サポートを行っています。LitePoint のソリューションは、世界中で20億台以上のワイヤレ ス デバイスの最適化や動作検証に活用されてきました。LitePoint 製品を製造開発や大量生産の現場で使用することにより、お 客様は、投資回収率 (ROI)、製品化までに要する時間、製造利益、生産品質を向上することができます。詳細は、www.litepoint.jp をご覧ください。
 

報道関係者お問い合わせ先

代表取締役
ライトポイント・ジャパン株式会社
03-3459-1305
takashi.sato@litepoint.com
www.litepoint.com
 

Andrew Blanchard
コーポレート >コミュニケーション責任者
Teradyne, Inc.
1 (978) 370-2425
investorrelations@teradyne.com