802.11ax (Wi-Fi 6) とは?

802.11ax は、無線 LAN の次の規格です。次世代の Wi-Fi として、802.11ax (Wi-Fi 6) は、人および物すべてが繋がった世界に向けて設計されています。前世代の Wi-Fi はスピードを重視したものでしたが、 802.11ax は効率とスピードを重視しており、そのスピードを同時に複数のユーザーに提供します。

Wi-Fi スペクトラムは非常に混雑しており、以前のスタンダードでは空港、スタジアム、集合住宅などのような人口密集地域向けに設計されていませんでした。 Wi-Fi は 802.11ax で LTE に対応し、 2 倍のスループットと 10 倍のデータ容量を可能にします。

802.11ax: ありきたりの高速データ レートではありません

大容量化とデータ伝送には追加の検証が必要です。検証の準備は整っていますか?

802.11ax の考慮事項を学ぶ   blue arrow

OFDM、 OFDMA について

直交周波数分割多元接続 (OFDMA) は、一般的な直交周波数分割多重 (OFDM) デジタル変調方式のマルチユーザー版です。 OFDMA では、サブキャリアのサブセットを個々のユーザに割り当てることによって多重アクセスを達成します。これにより、複数のユーザー間で同時にデータを転送できます。

802.11ax システムでは、ステーションの 「ハンドシェイク」 に隣接するアクセスポイント (AP) が必要です。 AP をミニ ベース ステーションと考えてください。 AP は、ダウンロードとアップロード、および複数のユーザー間の送信をグループ化します。これには、複数のユーザーを組み合わせるために正確なタイミングと周波数の制御が必要です。

OFDMA システムは、ユーザーが同時 (<400 ns の差) かつ同じ搬送周波数 (<350 Hz difference) で 「話す」 ことをサポートします。さらに、 AP は、遠く離れたユーザーには 「大きな声」 (高電力)、近いユーザーには 「小さな声」 (低電力) で話します。さらに、遠く離れたユーザーは AP に 「より大きな声」、 近いユーザーは 「より小さな声」 で話す必要があります。各ユーザーには、 1 つ以上のリソース ユニット (RU) が割り当てられています。リソース ユニットは、今日の携帯電話テクノロジに似た時間と頻度のセグメントです。

それが重要になる理由は何でしょうか。時間と頻度をテストすることで、従来の Wi-Fi と比較して非常に正確にテストする必要があるシナリオが数多く作成されます。テスト キャリブレーションは、電力レベルのソースと測定に対しても必要です。

包括的な 802.11ax (Wi-Fi 6) テスト リーダー

ライトポイントは、新しい Wi-Fi テクノロジを市場に投入するための最もリスクの低いソリューションです。

ライトポイントはすべての 802.11ax チップセット ツールでサポートされています。テスト時間を短縮するための新しいテスト方法の革新など、 802.11ax 機能開発の最先端です。世界で最大規模を誇るプロダクション Wi-Fi テスターを持つライトポイントは、 Wi-Fi テストのリーダーです。

ライトポイントは次の点でリードしています:

  • プラットフォーム間の互換性
  • 高い機器稼働率
  • 最高の生産経済
  • タイム トゥ マーケットの時間短縮
  • 包括的なチップセット カバレッジ
  • ターンキー IQfact+ ソリューション
  • パフォーマンス
  • サポート

…統合テスト システム全体は、実社会の運用条件を真似て最適化する必要があります。

Chris DeMartino | Microwaves & RF