5G is Here. Learn How to Test it.

5G の必要性

第 5 世代のモバイル通信である 5G は、電話だけにとどまりません。 5G の固定無線サービスにより、無線通信事業者はケーブル会社などの従来のブロードバンド サプライヤーとの競争が可能になります。つまり、 5G は、より高いデバイス接続性で、より高いデータ レートを提供するということです。広範囲の周波数スペクトラムを使用することにより、 5G のデータ レートは 6 GHz 以下、ミリ波 (> 30 GHz) にまたがり、前世代の移動通信 (> 1 Gbps) よりも 10 倍高速になります。

高品質 5G ワイヤレス ユーザー エクスペリエンスの保証

5G の基本: 5G と前世代のテクノロジとの違いおよび 5G 製品を成功させる方法とは。

5G の成功について学ぶ   blue arrow

5G 異機種ネットワークと RF テストの関係

ネットワーク コンポーネントとその特性、使用例、および RF テストへの影響を理解することは非常に重要です。

ウェブキャストを視聴する   blue arrow

5G のテストの特性

ミリ波 (mmWave) テクノロジの物理的性質では、無線 (OTA) 限定でテストを行います。ほぼすべての商用無線テクノロジは、主に接続テスト済み、または 「実施済み」 と呼ばれるもので、最終的な総合機能チェックは OTA で行われています。 5G ミリ波では、すべてのパラメトリック パフォーマンス テストは OTA で行われます。

以前は、テスト機器を含む 「消費者レベル」 のミリ波製品は存在しませんでした。今日のテスト機器のほとんどは汎用で高価であり、ユーザーは複数の機器 (ハード、ソフトの両方で) をまとめる必要があります。 6 GHz 以下の 5G をテストする際の課題は、より多くのアンテナとより多くの周波数帯があることです。この場合、より長いテスト時間が必要になります。

ライトポイントを選ぶ理由
– IQgig-5G

ライトポイントは、 5G ミリ波 – IQgig-5G 用の最初で唯一の完全統合型テスト ソリューションを提供しています。他のテスト ソリューションは、複数のボックスやケーブル、複雑な設定が必要になります。

次のように、ライトポイントはミリ波 5G テストをリードしています:

  • 市場に出た 5G ミリ波の最初の完全統合型単一ボックス テスト システム
  • 複数の主要 5G チップセット メーカーに選ばれたテスト ソリューション
  • OTA 測定を行うための費用対効果およびスペース効率に優れたチャンバー
  • 200 MHz の帯域幅をカバーし、高性能 802.11ax アプリケーションをテストすることができる、市場で唯一のサブ 6 GHz 5G ソリューション

当社が 5G の商品化に向けて前進し、世界も 5G の受け入れ体制が整っています。準備はいかがですか?

代表取締役社長 Cristiano Amon | Qualcomm, OnQ Blog